信頼できるキャットフードランキングは・・・

プロが選ぶおすすめのキャットフード世の中には色々なものや製品のランキングで溢れています。

例えば家電製品や通信端末などハード系のものに関しては実際のスペックや価格などデータとして表しやすいので、本当に実物を使ってみた個人や法人のランキングは信頼できるものもたくさんあるかと思います。

しかし、キャットフードに関してはどうでしょうか?
当サイトねこるすの考えとしては、キャットフードに関しては信頼できるキャットフードランキングはないと思っています。

例えば、キャットフードの金額ランキングや、世の中で売れているキャットフードの人気ランキングは、実際にキャットフードの値段や、世の中のキャットフードの流通量から正しいランキングは作成できるはずです。

しかし、ひとくくりに「キャットフードのランキング」としてしまうと、様々な猫の健康状態や嗜好性を考えると、ランキングにするのは不可能です。
そのため、このサイトでは信頼できるキャットフードランキングを作るのは不可能だと考え、敢えてキャットフードランキングを無理やり作ることはしません。

その代り、信頼できるキャットフードをランキング形式ではなく、ブランド名(商品名)一覧としてお伝えしていきたいと思います。
ご自宅の猫にとってそのキャットフードが合っているかどうかは、実際に猫さんに食べてもらい、1か月~3か月ほど様子を見てみなければ判断はできません。

どのキャットフードがあなたのご自宅の大切な猫さんに合うかは、ご家族であるあなた以外にはわかりません。
信頼できるキャットフードブランドの中から、試行錯誤を繰り返し、いくつかあなたの猫さんが健康的に好んで食べてくれるキャットフードを見つけてみてくださいね。

信頼できるキャットフードの中でも比較的認知度が高く流通量が多いものを中心に紹介

キャットフードランキング今回紹介している信頼できるキャットフードブランドは、基本的に日本国内での認知度が高く、流通量が多いものを中心に紹介しています。
そのため、この記事に掲載されているキャットフード以外にも信頼できるキャットフードブランドは多数存在します。

しかし、流通量が多くたくさんの猫さんに長い期間をかけて食べてもらえているキャットフードはそれだけ安全性が高いものだと思っています。(特に問題などが起きていない場合)

インターネットではその性質上、ネット通販でのみ手に入るキャットフードを積極的に紹介しているサイトが多いのが現状ですが、ねこるすでは基本的にネットだけではなく、一般的なスーパーやドラッグストア、ペットショップ、動物病院で購入できるキャットフードブランドを中心に紹介しています。

※紹介順は筆者・編集者がよりコメントをしっかりできると判断したキャットフードブランド(実際に食べている猫さん、ご家族が多いと感じている)からまとめていますが、おすすめ順ではありません。また特にナチュラル系オーガニック系がお好きな方からするとおすすめはできないと感じるブランドもあるかもしれませんが、このサイトでは一定の品質を満たしているキャットフードであればあまり神経質になる必要もないと考えています。

信頼できるキャットフードブランド(海外)

日本で流通しているキャットフードですが、信頼できるブランドは海外のキャットフードブランドが中心です。
まだまだ日本は動物愛護など動物への意識に関しては後進国であることが否めません。

信頼できるキャットフードブランドは海外(アメリカ、ヨーロッパ)のものが多いです。

「ピュリナワンキャット」ネスレ日本

ピュリナワンキャット緑色のパッケージでおなじみのネスレ日本 ネスレピュリナペットケアの「ピュリナワンキャット」。
スーパーやドラッグストアなど基本的にキャットフード売り場ならどこにでも売っている手に入りやすさとネスレ日本の公式サイトでの定期購入のしやすさなど入手しやすさについては群を抜いています。

また、種類も豊富で子猫用、成猫用はもちろん、シニア猫、室内飼い猫専用や、毛玉ケア、下部尿路疾患対策(療法食ではありません)などの猫の環境や体質に合わせた種類が選べる他、チキン、サーモン、ターキー、白身魚など味の種類が豊富なので猫の体質や好みに合わせやすいです。

成分へのこだわりといった品質は中程度ですが、猫の食いつきもよく、お値段も比較的手ごろ、また入手もしやすいという非常にバランスの良いキャットフードですので、メインキャットフードの一つに加えるにはもってこいのキャットフードブランドです。

ピュリナワンキャットの特徴
スイスに本社のあるネスレグループの日本法人。質・価格のバランスが良いメインフードにおすすめのキャットフード。
良い点
〇猫の成長ステージや体質、環境、嗜好によって選べる種類が豊富にある。
〇スーパー、ドラッグストア、ペットショップなど売っている場所が多い。
〇猫の食いつきが良い場合が多い。
〇公式サイト定期購入がお得
気になる点
〇使っているお肉の質は中程度のグレード。品質をとことん求める人には物足りないかも。
〇種類が多いので同じピュリナワンキャットでも猫によって好き嫌いがある。
購入先
一般的なスーパー、ドラッグストア、ペットショップなどキャットフードが販売されている店舗では取り扱っているところが多い。
amazon、楽天でも購入可能だが、ネットでは公式サイトである日本ネスレ、ピュリナペットケアのサイトにて定期購入ができる。定期購入では初回購入時に2,000円相当のポイントや20%割引で購入できたりとお得感が高いのでおすすめ。(定期購入は毎回おまけでクリスピーキッスも同封されています。)
Amazonで検索楽天で検索公式サイトの定期購入

ロイヤルカナン

ロイヤルカナンロイヤルカナンは動物病院などで進められることが多いキャットフードブランドです。
療法食の種類も豊富で、おしっこ系の病気や便秘がちな猫さんは動物病院でロイヤルカナンのフードを購入したことがあるかもしれません。

ロイヤルカナン「ヘルスニュートリション」という理念を掲げています。「ヘルスニュートリション」とは「個々の猫で異なる栄養要求にこたえるための、50種類余りの栄養素の最適なバランス」のことです。

特にキャットフード(ドッグフードも)の栄養に関しては、無料で学べる動物の栄養学講座なども開催しているため、人間の家族への啓蒙活動も熱心に取り組んでいるキャットフードブランドです。
参考ロイヤルカナンのヘルス ニュートリション ラーニング プログラム

また、8種の猫種専用のキャットフードを展開している点も特徴的です。
特に猫の健康に配慮したキャットフードを与えたいという方にはぴったりのフード。ただし嗜好性がやや悪いのか、猫によっては選り好みして食べないという子がいるのも事実。

メインフードにして問題なく食べてくれれば良いのですが、選り好みする場合は、他のフードとブレンドするのも手です。

ロイヤルカナンの特徴
フランスに本社のあるキャットフードブランド。獣医さんから勧められることが多く、健康思考の高いご家族には人気。動物の栄養学についての情報、無料講座を提供してくれている。食事療法食も種類が多い。
良い点
〇最先端の動物の栄養学に基づいた健康志向の高いフード。
〇やや場所は限られるがペットショップ、動物病院、規模の大きいスーパーやドラッグストアのペットフード売り場など比較的購入はしやすい。
〇猫の成長ステージや体質、環境、嗜好によって選べる種類が豊富にある。
〇療法食が豊富で持病もちの猫さんには非常にありがたいキャットフードブランド。
気になる点
〇嗜好性がやや低めなため、猫の食いつきが悪いときがある。
〇お値段はやや高め。
〇品質は高いものの、具体的な原料産地詳細などの情報は少な目、よりナチュラル思考の方には少し物足りない。
購入先
以前は動物病院でしか購入できないことが多かったロイヤルカナンですが、最近は療法食含め手に入りやすくなっています。最新の栄養学に基づいた質の高いキャットフードなので動物病院で進められることが多いキャットフード、嗜好性は高くないのであまり食べてくれない猫はいますが、好みに合えば猫の健康のためにはぴったりのキャットフードです。
療法食である下部尿路疾患のためのPHコントロールや便秘猫ちゃんのための消化器サポートも人気が高いです。
Amazonで検索楽天で検索公式サイト

ナチュラルチョイス

ニュートロナチュラルチョイスナチュラルチョイスはアメリカ南カリフォルニアで創業したペットフード企業ニュートロ社のキャットフードブランドです。現在はMARS社のブランドの一つです。

ナチュラル系キャットフードの中では味や目的別の種類が多く、グルテンフリーなどに対応したキャットフードも取り扱っています。チキンやラム、サーモンといった高品質の肉を使用しており、副産物ミール、コーン、小麦、大豆、着色料、香料、化学合成物は一切不使用です。

ニュートロはナチュラル思考の高いキャットフードブランドの中でも、お手頃で手に入りやすくまた猫の食いつきも良いバランスの良いキャットフードです。

こちらも毎日のメインキャットフードにぴったり。バランスの良さではピュリナに近いですが、ニュートロの方がよりナチュラル思考が強く、使っているお肉の質へのこだわりが高いと感じています。

ナチュラルチョイス
MARS社のブランドの一つ。ナチュラル思考も高く、使用しているお肉の質もこだわられています。価格はややお高いですが、全体的にバランスが良いメインフードにおすすめのキャットフード。
良い点
〇グルテンフリーなど目的別の種類が豊富。
〇チキンやラム、サーモンといった高品質の肉を使用。
〇副産物ミール、コーン、小麦、大豆、着色料、香料、化学合成物は一切不使用
〇猫の食いつきが良い場合が多い。
気になる点
〇ペットショップのキャットフード売り場にはあることが多いが店舗ではやや取り扱いが少ない
〇MARS社のブランドとなってから日が浅い(2015年)ため今後のフードの質の担保に注意
購入先
ペットショップなどプレミアムキャットフードの取り扱いが豊富な店舗では取り扱っているが、スーパーやドラッグストアでは見かけることが少ない。
実店舗では取扱店が少な目で、容量も2kg ~がメインなので、amazon、楽天などのネット通販での購入がおすすめ。
Amazonで検索楽天で検索

アカナ

アカナアカナ(ACANA)は、カナダの老舗メーカーチャンピオンペットフーズ社が自社キッチンでこだわり抜いて作られてできたキャットフードブランド。
「生物学的に適正™ 」というコンセプトにこだわり、猫が自然な環境で狩りをした獲物の肉の新鮮さとバラエティを再現することに重きを置いています。

栄養価の高いレバー、ハチノス、軟骨といった、猫が本来食べる新鮮な丸ごと肉をバラエティ豊かにたっぷり使用し、猫の自然な食事に含まれない高GI穀類や植物性たんぱく質は不使用であるという点も特にキャットフードの質にこだわるご家族に高評価を得ています。

「ワイルドプレイリー」(鶏肉ベース)、「パシフィカ」(魚ベース)、「グラスランド」(ラム肉と鴨肉ベース)の3種類がある。

アカナの特徴
猫の自然な食事にこだわった質の高い肉や魚のたんぱく質が使われており、ブリーダーさんなど猫の食にこだわりが非常に高い層に支持されているプレミアムキャットフード。キャットフードとしての質の高さはトップクラス。
良い点
〇とにかく品質の良いお肉・魚にこだわりあり。
〇種類がたんぱく質の種類によって3種類のみのラインナップなので選びやすい。
〇高GI穀類や植物性たんぱく質は不使用。
気になる点
〇プレミアムキャットフードを取り扱っているお店以外ではあまり見かけない。
〇猫の食いつきは微妙。
〇値段が高い。
購入先
ペットショップなどプレミアムキャットフードの取り扱いが豊富な店舗では取り扱っているが、小さ目の店舗だとないことも多い。メインフードにするにはお値段がお高め。amazon、楽天などで購入した方が安く買える場合多い。
Amazonで検索楽天で検索

オリジン

オリジンキャットフードカナダの老舗メーカーチャンピオンペットフーズ社が自社キッチンで作られている、「オリジン」キャットフード。
アカナ同様、特に「生物学的に適正™ 」というコンセプトにこだわり、猫が自然な環境で狩りをした獲物の肉の新鮮さとバラエティを再現することに重きを置いているキャットフードブランドです。

アカナとオリジンの違いですが、簡単に言うとオリジンキャットフードの安価版がアカナだという認識で良いかと思います。

特にたんぱく質(要はお肉類)の割合がアカナよりオリジンの方が高く、またお値段もオリジンの方が割高になっています。

オリジンの特徴
猫の自然な食事にこだわった質の高い肉や魚のたんぱく質が使われており、ブリーダーさんなど猫の食にこだわりが非常に高い層に支持されているプレミアムキャットフード。特にたんぱく質の割合が多い。キャットフードとしての質の高さはトップクラス。
良い点
〇とにかく品質の良いお肉・魚にこだわりあり。
〇同社ブランドアカナの高品質版。
〇高GI穀類や植物性たんぱく質は不使用。
気になる点
〇プレミアムキャットフードを取り扱っているお店以外ではあまり見かけない。
〇猫の食いつきは微妙。
〇値段がとっても高い。
購入先
ペットショップなどプレミアムキャットフードの取り扱いが豊富な店舗では取り扱っているが、小さ目の店舗だとないことも多い。メインフードにするにはお値段が非常にお高め。amazon、楽天などで購入した方が安く買える場合多い。
公式サイトではアウトレットセールの他、猫が食べなかった場合全額返金キャンペーンを実施しています。
Amazonで検索楽天で検索公式サイト

信頼できるキャットフードブランド(国内)

残念ながら現段階では国産で質もよく、流通量も多い(手に入りやすい)キャットフードブランドは極わずかです。
流通量にこだわらなければ、小さい規模で質にこだわって作られている無添加系のキャットフードはありますが、実際にたくさんの猫さんが試している様子を管理人自身が確認できていないブランドは掲載しません。

唯一国産のキャットフードで質もそこそこ良く、流通量も多いと感じているのがペッツラインのメディファスです。

メディファス

メディファスメディファスは「ヨード卵・光」でおなじみの日本農産工業株式会社のグループ会社、岐阜県にあるペットライン株式会社のキャットフードブランドです。

同じペットライン社のキャットフードブランドで「プロフェッショナルバランス」もあるのですが、猫のご家族に支持されているのは「メディファス」のブランドが一番支持されているように感じています。

特にメディファスは療法食ではないものの、下部尿路ケアに力を入れているキャットフードブランド。
療法食を食べる必要はないけど、猫に多い下部尿路疾患(おしっこ系の病気)対策を総合栄養食でフォローしたいというご家族から人気です。

嗜好性もそこそこ高く、療法食のPHコントロールはあまり食べないけど、メディファスの下部尿路疾患に配慮したキャットフードならよく食べてくれるという声を聞きます。

メディファスの特徴
療法食ではない総合栄養食ですが、下部尿路疾患対策に特に力をれている国産キャットフードブランド。お値段もプレミアム系フードの中ではお手頃で、おしっこ系の悩みがあるけど療法食を食べるほどではない、または療法食は食べてくれない猫さんのメインフードにぴったり。
良い点
〇療法食ではない総合栄養食の中で下部尿路疾患対策ができるキャットフード。
〇国産キャットフードブランド、品質は中程度だが人の食品と同等の徹底した品質管理が行われている。
〇お値段も比較的お手頃価格。
〇嗜好性もそこそこ高め。
気になる点
〇よりナチュラル思考の方には少し物足りない。
〇ドラッグストアやスーパーでも売られているが、店舗により取り扱っていないところも多い。
購入先
国産キャットフードで下部尿路疾患(おしっこ系の病気)のキャットフードを探している方にはぴったりのキャットフード。ドラッグストアやスーパーでも売っていますが、店舗により取り扱いがないお店も多い。
公式サイトではおしっこチェックプロジェクトという、おしっこのpHを調べるシートプレゼントキャンペーンが開催されています。
Amazonで検索楽天で検索公式サイト

その他

メジャーではないため、購入箇所が限られますが、nowフレッシュ、ハロー、アニモンダ、ハッピーキャット、アボダーム、ワイルドレシピといったキャットフードブランドも品質が良いキャットフードブランドです。

ただし、流通量が少ないため、手に入りにくいキャットフードブランドを猫のメインフードにしてしまうと、手元にすぐに手に入らなくなってしまった時に、猫もご家族も困ることが多いので、個人的には品質が良くても日本国内で手に入りにくいマイナーなキャットフードをメインフードにすることはあまりお勧めしません。

キャットフードランキングに惑わされないでください

キャットフードランキング最後に現在インターネット上にあるキャットフードランキングは、残念ながら一部の販売方法に問題があるキャットフードブランドによって異常ともいえるほどおかしなランキングが氾濫しています。

色々なキャットフードランキングを見てみると、知名度はあまり高くないのに同じキャットフード、もしくは同じ代理店が販売しているキャットフードがランキングの1位~3位までなどを独占している状況です。

単純なランキングならまだ良いのですが、おしっこの悩み(下部尿路疾患)を抱えている猫、便秘や下痢の猫向けのキャットフードでもなぜか同じキャットフードが1位~3位にランキングされていることもあります。(フード自体は比較的良いものですが、1位~3位のサイトばかりというのは異常です。)

猫の健康を守るうえであまり望ましい状況にあるとは言えません。
この記事にたどり着いた方も、「キャットフードの人気ランキング」「キャットフードのおすすめランキング」といった内容が知りたくてたどり着いた方が多いと思います。

確かに猫それぞれに合うキャットフードのランキングはあるかもしれませんが、すべての猫に共通のキャットフードランキングはあり得ません。

まずは、たくさんあるキャットフードブランドの中から、質が良く、流通量も多く、愛猫が良く食べてくれるキャットフードを猫さんと一緒に色々試しながらご自身の猫だけのキャットフードランキングを作り上げてください。

また、猫は年齢を重ねるにつれて、フードの嗜好性が変わったり選り好みをするようになります。
ですので、一つのキャットフードブランドにこだわらず、色々なキャットフードを試してあげることは、将来的にきっと役に立つことだと思います。

このサイトで紹介している信頼できるキャットフードブランドも、別の人(猫)にとってはそうではないものも含まれているかもしれません。それでも一定の質をしっかりと満たし、流通量も多く、猫と人からの人気も高いと感じているものを中心にまとめてみました。

どうか、世の中の猫さんとご家族がインターネット上に氾濫している異常なキャットフードランキングに惑わされず、健康に美味しく食べ続けることができるキャットフードに出会えるますように。

一覧キャットフードの記事一覧へ戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! してにゃ

Twitter で

スポンサードリンク