長毛猫のお尻の毛についたうんちの落とし方を実践!

長毛猫のお尻の毛うんち落とし長毛猫さんのご家族からよく聞く悩みが「長毛猫のお尻の毛にうんちがつく」というもの。

通常のうんちならお尻の毛にもうんちはつかず、きれいな状態を保てたり、多少のうんち汚れは猫さん自身がグルーミングできれいにできます。

しかし、ちょっと柔らか目のうんちが出たり、下痢うんちが出ている時はかなりの確率で猫のお尻の毛にうんちがからみついてしまうことがあります。

時々お尻にうんちの塊をプラプラくっつけて歩いている長毛猫さんも・・・。
さすがにお尻の毛にうんちを絡めたままお部屋の中を動き回られたり、ソファやカーペットに座ってもらうのは困りますよね。

とはいえ、長毛猫さんのお尻の毛に絡みついたうんちはウェットティッシュで拭くだけではしっかり落とせないこともあります。
今回は、長毛猫のお尻にうんち汚れが付いたときにきれいに落とす方法をまとめてみました。

<スポンサードリンク>

長毛猫さんのお尻の毛にうんち汚れの落とし方

  • ウェットティッシュでお尻の毛を拭く
  • お風呂で長毛猫さんのお尻を丸洗い
  • コームを使って汚れを落とす
  • お尻の毛をバリカンで刈る(番外編)

長毛猫さんのお尻の毛にうんち汚れがついてしまったら、まずは一番手軽なのはウェットティッシュでお尻の毛を拭いてあげることです。
しかし、体験した方はお分かりかと思いますが、長毛猫さんのお尻の毛に絡みつくようについたうんち汚れはウェットティッシュだけでは何度拭いても簡単には落ちないことが多いです。

全体的なうんち汚れは落とせても、何だか黄色く薄汚れたまま・・・という状態になっていることが多いはずです。

少量やカピカピに乾いたうんち汚れであればウェットティッシュでの拭き取りで問題ありませんが、ガッチリお尻にうんち汚れがついている場合は、お風呂でお尻をザブザブ洗ってあげるのも手っ取り早くておすすめです。

ただし、お風呂で長毛猫さんのお尻を丸洗いする方法は、猫さんによってできる子とできない子がいます。
基本的に猫は水が苦手ですので、濡れることを極端に嫌います。猫のお尻の丸洗いができるのは、そこまでお風呂や毛が濡れることに抵抗がない子に限るためお尻が汚れる度にお風呂でお尻を丸洗いするのは現実的ではありません・・・。

お尻丸洗いが苦手な猫には、コームを使ってうんち汚れをきれいに落としてあげる方法があります。
こちらは、具体的なやり方をまとめてみました。

コームを使って長毛猫のお尻のうんち汚れを落とす方法

今回コームを使って長毛猫のうんち汚れを落とす方法についてノルウェージャンフォレストキャットのブロンちゃん(@bronzeBotamochi)の実例を参考にお伝えします。

まずこちらがブロンちゃんのお尻についてしまったうんち汚れ。
お尻周りの毛が茶色いのでわかりにくのですが、お尻のふさふさ見事な毛にうんちがついております。

猫のお尻周りについてうんち汚れ

今回使用しているのは、ウェットティッシュとペット用の金属製コーム、それからペット用のブラッシングトリートメントです。
うんち汚れを落とすための道具

まずは、お尻の毛についてしまったうんち汚れをウェットティッシュで取れる範囲を拭き取ります。
このとき、他の毛についてしまっても気にしません。
長毛猫のうんち汚れをウェットティッシュで落とす

その後、ウェットティッシュを受け皿にして、肛門にかからないようにトリートメントをスプレーして濡らします。
長毛猫の毛についたうんちを落とす

濡れた毛をコームでとかします。すると、コームでうんちのカスはとれます。
コームは都度ウェットティッシュできれいに拭きます。

うんち汚れをコームで落とす

これで長毛猫のお尻の毛についたうんち汚れはきれいに取れます!
濡れているところは自然乾燥で早く乾きますし、臭いもなくなります。
うんち汚れが綺麗になった長毛猫

今回は写真を撮るために二人で作業していますが、いつもは受け皿のウェットティッシュなしで片手で捕まえて、もう片手で同じ手順をしています。
うんち出したてのドロドロ下痢から、時間が経ったカピカピうんちまでこの手順できれいに落ちますよ。

ちなみに、うんち汚れをきれいにしてくれたコーム自体は、ペット用のシャンプーと人間用の歯間ブラシで洗うと、コームについたうんち汚れが綺麗にとれるのでおすすめです。
うんち汚れをきれいにした後のコームのお手入れ

今回ブロンちゃんのお尻のうんち汚れに使っているコームはペティオのネココ(necoco)ステンレス製のコームです。


ペティオ (Petio) ネココ 極細整毛コーム ペット用
Amazonで検索

コームは時々目が細かすぎると長毛猫ちゃんの場合は毛がコームに引っかかり痛がる場合があります。(特にノミ取りコームの場合は歯が細かいことが多いです。)
ご自宅に金属製のコームがある場合はそちらを使ってみるのが一番ですが、新しいコームを準備する場合はブロンちゃんも使用していたペティオのコームが使いやすそうですね。

【番外編】ペット用バリカンでお尻の毛をカットする

最後に番外編。
長毛猫ちゃんで毎回うんちがお尻の毛についてしまうという場合は、ペット用バリカンでお尻周りの毛をカットしてあげるのがおすすめです。
ハサミではなく、バリカンが安全で簡単ですよ。

参考猫ペット用バリカン、Pateker® 充電式コードレスグルーミングバリカンの使い心地
参考猫の毛玉対策、バリカンで刈る方法や上手に吐かせる方法など

ペット用バリカンについては、お手頃で使いやすいタイプのものを上記記事で使用感など紹介していますので参考にしてくださいね。

一覧「猫と暮らす上でのトラブル・悩み」記事一覧に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! してにゃ

Twitter で

スポンサードリンク