1人暮らし、子供有りはNG!保護猫団体の審査が厳しくて里親になれない!

猫の里親審査に落ちたり、条件が厳しい場合猫を飼い始める方法について、後悔しないために知っておきたいことでも触れていますが、猫と暮らしたいと思った場合は、
「保護猫の里親になる」という選択肢がります。

しかし、良く聞くのが保護団体さんの審査が厳しくて保護猫の里親になれなかったという声です。

特に一人暮らしの男性や、日中お仕事で留守にしがちな人、また小さい子供がいるご家庭なども保護団体さんによっては審査に通らないことがあります。

<スポンサードリンク>

保護団体さんにとって保護猫は我が子同然

子猫を迎えたときにかかる初期費用保護猫団体さんからしてみれば、里子に出す保護猫たちは子供同然ですので、審査が厳しいということは、その分愛情をもってしっかり保護し、譲渡先を厳選しているということです。

保護団体としてはかなりしっかりした体制で運営されているということがわかりますので、里親になる方も実は審査が厳しい保護団体さんの方が安心です。

とはいえ、どうしても保護団体さんの里親の審査に通らないので、諦めてペットショップで猫を買ってしまった・・・という声も聞きます。ペットショップで猫を買う人がいる限り、猫の展示販売はなくなりませんし、売れ残りの猫や悪質な繁殖業者がなくなることもありません。

できれば、猫はペットショップではなく、保護猫の里親になるという選択肢を選んでいただきたいので、猫の保護団体さんの里親審査に通らない場合、どうすれば猫の里親になれるかという情報をまとめておきます。

※当然ですが虐待目的やご自身の経済状況が不安定な状況で安易に猫の里親になることは絶対にやめてください。猫を含む愛護動物を虐待したり捨てる(遺棄する)ことは犯罪です。違反すると、懲役や罰金に処せられます。

保護団体の審査に通らない場合の、猫の里親になる方法

一人暮らしや小さいお子さんがいるご家庭などで、猫の保護団体さんや猫カフェさんなどで里親を断られた、審査に通らなかったという場合、どういった方法で猫の里親になることができるのでしょう。

主に以下のような方法が考えられます!

  • 近所の動物病院に問い合わせてみる
  • 地域の動物愛護センターに問い合わせてみる
  • 里親募集掲示板で探す

近所の動物病院に問い合わせてみる

動物病院で猫の里親募集既に猫と暮らしている方は、定期的に動物病院を訪れることがあるので、里親募集の張り紙等が年中貼ってあることをご存じだと思いますが、猫と暮らしていない方はまず動物病院へ行く機会がないので盲点になりがちです。

動物病院には年中里親募集の相談が持ち込まれるので、ご近所で里親募集をしている猫の情報を得ることができます。

ボランティア団体さんの他、個人で保護なさっている方の張り紙も多いので、一人暮らしやお子さんがいるお家でも、しっかりと身分証明をして飼育環境に極端な問題がなければお譲りいただける可能性が高いです。

また、ご近所の動物病院に今は猫と暮らしていないけどご近所で里親募集が出たら引き取りたい旨を伝え、身分証などをしっかり提示すると、多くの動物病院では情報を提供していただけると思います。

猫と暮らしていないのに動物病院に行くのはちょっとドキドキするかもしれませんが、自分が猫と暮らした後のかかりつけ病院を見つける準備にもなりますので、里親募集中の猫情報を得るついでに行ってみることをお勧めします。

地域の動物愛護センターに問い合わせてみる

また、ご自身がお住まいの地域の動物愛護センターに問い合わせてみるという方法もあります。
環境省の「収容動物検索情報サイト」で全国の動物愛護センターで保護されている猫たちをご自身の地域で検索できます。

こちら環境省 収容動物検索情報サイト

自治体によって表示方法が異なり、写真などがない場合もありますが、是非一度問合せみることをお勧めします。

里親募集掲示板で探す

最近は猫の里親を探すのもインターネット上で探す方が多いと思いますが、個人で出せる里親募集掲示板もありますので、一人暮らしや、お子さんがいて保護猫団体の審査には通らなかった方も里親になれる出会いを見つけることができるかもしれません。

個人も参加している里親募集掲示板、サイトで代表的なものは以下の通り。

おすすめいつでも里親募集中
いつでも里親募集中は、里親を募集している犬・猫と里親さんを繋ぐための掲示板からスタートしましたが、現在はリニューアルしより里親を探しやすく情報も充実しています。

おすすめペットのお家
こちらもいつでも里親募集中と似た形式のサイトです。特に「保健所収容ペット」という項目で絞り込みもできるので、より緊急性の高い里親募集の猫を見つけることができます。保護猫を一匹でも多く助けたいという思いがある方は、緊急性の高い猫の里親に応募してみてはいかがでしょうか。

おすすめジモティー猫の里親募集
ジモティーは元々地元の人同士で必要なものを必要な人へ渡すための、売ります・あげます掲示板だったのですが、派生して猫の里親を募集情報も多数登録されています。

上記の猫の里親募集掲示板、サイトすべてに共通していますが、個人間の取引になる場合でも譲渡契約をしっかり結ぶことが重要です。

また個人間でのやりとりの場合は交通費や実費以外に猫の譲渡費用の請求はNGとなっていることが多いので注意してくださいね。(譲渡費用目的で不当に猫の里親募集をする心無い人がいるためです。)

繰り返しますが、虐待目的やご自身の経済状況が不安定な状況で安易に猫の里親になることは絶対にやめてください。猫を含む愛護動物を虐待したり捨てる(遺棄する)ことは犯罪です。違反すると、懲役や罰金に処せられます。

猫を飼うとき安易にペットショップには行かないで欲しい

猫の里親になる猫の保護団体さんの里親審査・条件は厳しいものが多いです。
終生飼育、ケージでの長期間・長時間飼育不可、完全室内飼育の徹底などは、猫を飼育する上では当然の条件ですが、その他にも、日中の留守時間が多い一人暮らしの方(特に男性)は不可だったり、小さいお子さんがいるご家庭も不可というパターンも多いです。

保護猫となった猫たちがその後は間違いなく幸せになるように活動なさっているので、しっかりとした信念と猫への愛情が高い団体さんほどどうしても審査が厳しくなります。それは猫を我が子同然に思っている証ですので、一度でもご自身で猫を保護して、里親を探した経験がある方は理解できることです。

しかし、現状1人暮らしや、小さいお子さんがいるご家庭で、審査に何度も落ちてしまい、心が折れてついついペットショップへ・・・という方がいらっしゃるのも現実です。

もちろん、根本的に猫の飼育に適していない方もいらっしゃいますが、中には保護団体の審査には通らなくても実際は問題なく猫を飼育できるご家庭もあります。
そんなご家族が猫の里親になることを諦めずに、色々な方法を知り、本当に助けを待っている猫の運命のご家族になれることを祈っています。

どうぞ、猫の保護団体さんの審査に通らなかったとしても、安易にペットショップで猫を買うのではなく、他にも保護猫の里親になる方法がないか模索していただけると嬉しいです。

この記事では、保護猫団体さんの審査に通らなかった場合の猫の里親になる方法を記載していますが、安易な気持ちでの猫の飼育を推進ししているわけではありません。
まずは本当に愛情を持って終生飼育できるかを真剣に考えたうえで猫を迎えるための行動に移りましょう。

尚、一人暮らしで猫と暮らしたい方向けに参考一人暮らしで猫を飼うという記事もありますので参考にしてみてくださいね。

【おまけ】保護猫団体さんを手伝ってみる

最後にちょっとハードルが高いかもしれないのですが、保護猫団体の里親の審査に落ちた場合でも、保護猫団体さんのお手伝いをしてみるという方法もあります。

お手伝いをすることで信頼関係が築ければ、条件からは少し外れた飼育環境でも、里親として問題ないと認めてくださることがあります。

管理人の知っている事例として、男性の一人暮らしという最も里親の審査に通りにくい方でも、日々少しづつですが保護猫団体さんのサポートを行うことで、保護猫団体さんからの信頼を得て、無事に里親になれたという方もいます。

猫と暮らす前のウォーミングアップとして、保護猫団体さんのお手伝いをすることもおすすめですよ。

一覧「猫を飼いたいと思ったら」記事一覧に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! してにゃ

Twitter で

スポンサードリンク