クセになる使用感!手袋タイプのブラシ、グルーミンググローブ使ってみました!

手袋でブラッシングされる猫

猫用のブラッシングアイテムで度々話題に上ることを見かける、手袋タイプのラバーブラシが猫と人両方にクセになる使用感として人気です。
グルーミンググローブ、ブラッシンググローブなどと呼ばれたりするこちらのアイテム、いくつかメーカーによって種類もありますが、1,000円以下程度のお安いものでも遜色なく使用できましたので、使用法や使い勝手などをお伝えします。

<スポンサードリンク>

780円のTobbiheim ペットブラシ グローブセット

今回使用したのは、こちらのTobbiheim ペットブラシ グローブセット、780円とかなり安いタイプの手袋タイプのブラッシングアイテムです。

Tobbiheim ペットブラシ グローブセット マッサージブラシ
¥ 780(参考価格)
Amazonで検索

この手袋タイプのブラッシングアイテム、どうやら本家はショップジャパンで販売されている「トゥルータッチ」という商品が始まりのようです。
トゥルータッチは片手5,378円、両手だと6,350円と猫用のブラシとしてはかなり高い部類に入るアイテムですが、現在は類似品で1,000円以下のものたたくさん販売されています。

アイデアは大変素晴らしいものの、作り自体はかなりシンプルなので、類似品(偽物ですね)が安く出回ってしまっているようです。消費者としては、特許などが取れれてなければ仕方がないのかな・・・安く買える分にはありがいたいと思ってしまいます^^;。

類似品の1,000円以下のものでもはっきり言って問題なく使えていますが、本家の商品と比べてみたい方はこちらもどうぞ。
本家のトゥルータッチトゥルータッチ

amazonで購入し箱の中から出した状態はこちら。グローブ2枚が簡易なビニール袋に入っているだけで包装は非常にシンプルでした。
ブラッシンググローブが届きました
特に説明書などもありません。
使い方で複雑な部分は一切ありませんので、特に必要もないかと思います。

手のひらに当たる部分がシリコン素材で突起がたくさんついています。
手の甲側はメッシュ素材で手袋をつけていても肌が見えるため通気性は非常に良い作りです。
手袋タイプのブラッシンググローブ二枚組

実際の手のサイズよりもかなり大きくシリコン部分もある程度の厚みがありますので、ぎゅっと握ってグーを作るほどの動きはできませんが、猫の身体のウェーブに添わせたり、顔周りの細かい部分をナデナデする程度には可動性があります。
グローブタイプのブラシング

手袋タイプのブラッシンググローブ

手首部分はマジックテープで固定できるように作られています。今回使っているグローブタイプのブラッシンググローブは「Tobbiheim」というメーカーのもの。amazonで売られている手袋タイプのブラッシンググローブの中でも口コミ評価がかなり高い売れ筋のアイテムです。
手袋タイプのブラッシンググローブのマジックテープ

マジックテープ部分の作りも特に問題なくしっかり作られていました。
手袋タイプのブラッシンググローブのマジックテープ

手袋タイプのブラッシンググローブの猫への使用感

今回使っている手袋タイプのブラッシンググローブは猫専用というわけではなく、犬はもちろん、他のうさぎなどの小動物全般のブラッシングに使用できるアイテムです。

今回は猫のみですが、数匹の猫のブラッシングに使用してみました。試した猫は基本的に撫でられることが問題のない猫ばかりでしたので、結論を先に申し上げますと、全員ご満足な様子でした^^。

最初に頭をなで~とした瞬間から自らぐいぐいと頭をブラッシンググローブにすりつけてくる猫の図です。
手袋でブラッシングされる猫

撫でられた瞬間から、気持ちいらしく目を細めてご満悦の猫さんです。
手袋でブラッシングされる猫

顔周り、顎の下などはグローブが大きいので難しいかもしれない・・・と思っていたのですが、指先で撫でるとちょうど良い按配だったようです。
手袋でブラッシングされる猫

もちろん、身体全体といった広い部分のなでなでに最も威力を発揮するようで、少しなでなでしただけでも毛がしっかり採れました。
手袋でブラッシングされる猫

軽く10なでなでした状態でこの毛です。
手袋のブラッシングでとれた毛

別の猫へ5なでなででこの毛です。
ブラッシンググローブで採れた猫の毛

この手袋タイプのブラッシンググローブは、毛を剥がすときの感覚が、張り付いた毛をぺろ~んと剥がせるため、使っている人間も気持ちがいいと感じることが多いようです。
手袋についた抜け毛は簡単にグローブから剥がすことが可能でした。
ブラッシンググローブで採れた猫の毛

ただし、側面や裏側のメッシュ記事についた毛はなかなか取れませんので、きれいに使いたい方は粘着テープのコロコロローラーで使用後にお手入れをするとよりきれいに使えそうです。
ブラッシンググローブのメッシュ部分についた猫の毛

それから、手袋でのブラッシングで確かにたくさんの毛が手袋のシリコン部分にくっつくのですが、取り残しの毛が、かなりの量猫の身体についたままになります。
手袋タイプのブラッシングでとれた猫の毛
そのため、シリコン部分から毛を取り外してまたブラッシングをかけてあげるという流れを何度か繰り返し、毛の取り残しを少なくするか、最後に手袋を外した手の状態で、毛の取り残しを集めてあげる必要がありそうです。

グローブをかけただけの状態で部屋に放つと身体に残った抜け毛が散らばり余計に部屋に毛が落ちますのでご注意を・・・。

手袋タイプのブラッシンググローブの口コミ評価

全体的にamazonでの口コミ評価が高いブラッシンググローブを今回購入して使用しましたが、評価が高いのもうなずける使い勝手の良さでした。
お値段もこれで1,000円以下であれば、買いで間違いありません。

使用後に猫の身体に残った毛を取ってあげる必要がある点や、最初からナデナデが苦手な猫さんや、あまりにも身体の小さい子猫さん以外であれば、万猫に喜ばれるブラッシングアイテムかと思います!

Tobbiheim ペットブラシ グローブセット マッサージブラシ
¥ 780(参考価格)
Amazonで検索

この記事が気に入ったら
いいね ! してにゃ

Twitter で

スポンサードリンク

コメント





クセになる使用感!手袋タイプのブラシ、グルーミンググローブ使ってみました!へのコメント