【茶トラ】~猫の毛色性格~

茶トラ柄の猫の性格

茶トラ柄の猫はキジトラやサバトラなどと同様日本でも見かけることが非常に多い柄。

その性格はとにかくやんちゃで元気いっぱい、天真爛漫な性格の猫が多いです。茶トラは遺伝的にオスが生まれやすい特徴もありますがメスの茶トラもやんちゃな子が多いです。

茶トラの毛色の特徴

茶トラの毛色はオレンジのベースカラーに更に濃いオレンジのしましま模様が入っているのが特徴的。

茶トラ柄を英語で言うと「red tabby cat」「orange tabby cat」と言いますが、その色味から「Ginger Cat(生姜猫)」「
Marmalade cat(マーマレード猫)」と表現されることもあります。

やはり口元は白っぽくなる猫が多いようです。
茶トラに白色の毛が入ってくると茶シロと呼ばれたりします。

の性格はどんな性格?

遺伝的にオスが生まれやすい茶トラということで、男の子らしいやんちゃで元気いっぱい、大胆な性格の猫が多い印象です。

特に未去勢の外猫さんは茶トラちゃんが地域のボス猫になっているパターンも多いよう。

一方、去勢済みの雄の茶トラはいつまでも子供のようなやんちゃ感がとても可愛いです。

人懐っこい子が多いですが、ちょっとビビリの子も比較的短期間で慣れてくれることが多く、一緒に暮らすととても賑やかに暮らせるのが茶トラ猫さんの性格です。

雌の茶トラちゃんも時々いますが、やはり人懐っこくやんちゃで遊び好きの子が多いです、とはいえオスの茶トラちゃんに比べると少しおっとり目の猫もいてまた可愛らしい性格ですよ。

茶トラ猫ちゃんと暮らしたい人は

茶トラ柄の猫は、野良ちゃんなどにも多いことから、保護猫として里親募集されていることが多い柄の猫でもあります。

やんちゃで天真爛漫、とっても遊び好きな茶トラちゃん、一緒に暮らしたいと思った方は保護猫ちゃんの里親になるという方法も検討してみてくださいね。

参考記事里親募集中の猫を引き取って飼い始める方法

この記事が気に入ったら
いいね ! してにゃ

Twitter で

スポンサードリンク