【キジトラ】~猫の毛色性格~

キジトラ柄の猫の性格

キジトラ柄の猫は日本でも見かけることが非常に多い柄。
その性格はちょっとワイルドですが、とても人懐っこく賢い猫が多い印象です。

キジトラの毛色の特徴

キジトラは茶色ベースに縞模様が入っている猫の柄です。
キジトラの「キジ」は鳥の雉(雌)の柄に似ていることから来ています。

目元やしっぽ、背骨に沿った部分は、縞模様が濃い目に出る傾向があります。
口元は色が薄くなることが多く、額にMの字があるのも特徴です。

メラニン色素が多めの子が多いので、肉球は黒豆のような黒色か茶色、目はゴールドになる子もいますが、グリーンの目のキジトラちゃんもいます。

英名では「ブラウンタビー(brown tabby)」と呼ばれています。

キジトラの性格はどんな性格?

最初にも書きました通り、キジトラちゃんは少しワイルドで人懐っこくとても賢い猫さんが多いです。
ワイルドさはイエネコのルーツであるリビアヤマネコの遺伝子に近いと言われており、野生猫に近い性格の特徴が出ていると推測されます。

体力もあるので運動大好きで元気いっぱい走り回る遊びが好きな猫さんも多く、飼い主である人間も猫さんがたくさん遊んでくれるので楽しく暮らせます。

やや警戒心が強めなので最初はドキドキしてしまう子もいますが、慣れてくると大変甘えん坊でもしっかり者で、頼りがいのある良きパートナーになってくれるのがキジトラちゃんです。

オス、メスどちらも活発で懐っこい子が多いですが、やはりオスの方がワイルドで活発な性格が多いです。

キジトラ猫ちゃんと暮らしたい人は

キジトラ柄の猫は野良ちゃんなどにも多いことから、保護猫として里親募集されていることが多い柄の猫でもあります。

ちょっとワイルドですがとっても賢く甘えん坊な子がお多いキジトラちゃん、一緒に暮らしたいと思った方は保護猫ちゃんの里親になるという方法も検討してみてくださいね。

参考記事里親募集中の猫を引き取って飼い始める方法

この記事が気に入ったら
いいね ! してにゃ

Twitter で

スポンサードリンク