【サビ】~猫の毛色性格~

サビ猫の性格

サビ柄の猫はその不思議な柄の美しさから熱狂的なファンがとっても多い毛色です。

三毛猫と同様基本的に雌猫しかいないこともあり、母性豊かでやや女王様気質で気まぐれないわゆる猫っぽい性格の子が多い印象です。

サビの毛色の特徴

黒い毛とオレンジの混ざり合った特徴的な毛色です。
時々しましま模様が入ったり全体的な色味が薄い猫もおり、一口にサビ猫と言っても柄が一匹一匹異なります。

かつてはその複雑な毛色から「雑巾猫」なんて呼ばれ方をしたこともありますが、その独特の毛色の美しさから鼈甲(べっこう)猫と呼ばれることもあります。

英語でも「tortoiseshell cat (トーティシシェル キャット)」と鼈甲猫という名前を持つサビ猫です。

高貴な雰囲気を漂わせている子も多く、サビ猫には熱狂的なファンがたくさんいます!

サビの性格はどんな性格?

サビは三毛猫と同様、メスがほとんどです。
そのため、メスらしい性格が前面に出る子が多く、母性豊かですがやや気まぐれ、女王様のような気品を兼ね備えた猫らしい性格の子が多い印象です。

猫界のツンデレ女王とでも言いましょうか、普段はクールに凛としたサビ猫ですが、甘えてくる時は女子力を最大限に発揮して全力で甘えてくれる子も多いです。

そんなサビ猫はその魅力的な見た目と性格から、一度一緒に暮らすと虜になってしまう人が多発する毛色の猫さんです。

サビ猫ちゃんと暮らしたい人は

サビ猫ちゃんはキジトラや茶トラといったシマシマ柄の猫に比べるとやや珍しいものの、日本ではよく見る毛色です。
保護猫として里親募集されていることが多い柄の猫ですが、サビ猫をあまり知らない方が多いので里親募集でもやや人気がないことも・・・。

サビ猫はメス猫の気品と可愛さを備え、一匹一匹違う柄はまさに鼈甲のような美しさ。
間違いなく一度一緒に暮らすとサビ猫の虜になり、あなたにとって世界で一番美しい猫になることは間違いありません。

一緒に暮らしてサビ猫の美しさの虜になりたいと思った方は、保護猫ちゃんの里親になるという方法も検討してみてくださいね。

参考記事里親募集中の猫を引き取って飼い始める方法

この記事が気に入ったら
いいね ! してにゃ

Twitter で

スポンサードリンク